~かわいいもの 大好きな本やカーペンターズのこと~
プロフィール

おたべ

Author:おたべ
お気楽主婦です。
大好きな雑貨、本、音楽のことなどを日々の雑感を織り交ぜて書いています。
カーペンターズ大好きです。
ブロクタイトルone more time は、カーペンターズの大好きなナンバーからいただきました。
おもしろトイデジカメラで、いろいろ撮っています。

もしよろしかったら、コメントなどを残してくださると本当にうれしいです。
にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

カメラさん♪ にもぜひ遊びに来てくださいね。
写真のみのブログです。
リンクコーナーからどうぞ。




キャラクターたちが、被災している子どもたちのために手をつなぎました。
ぜひクリックしてくださいね。

オレンジページ
FC2カウンター
カーペンターズ「 Bless the Beasts and the Children」
動物と子供たちの詩です。

1971年に作られた映画「 Bless the Beasts and the Children」の
主題歌です。

この映画のサントラ盤の中で、Carpentersが歌っています。

アルバム「Song for You」の収められている佳曲である
この歌は、動物と子供たちに愛を・・と歌うカレンの
歌声とハーモニーが清々しく、穏やかな気持にさせてくれます。




2014/03/26 09:22 カーペンターズ TB(0) CM(10)
久しぶりに、カーペンターズの記事を書きます。
今日は、リチャード・カーペンターのことを。


なぜ、リチャードはCDを作らないんだろう?
音楽活動をしているとネットでは書かれていますが、
具体的な活動が全然伝わってこないのがもどかしいです。

プロデューサー、コンダクター、キーボード、ボーカリスト
アレンジャーなどたくさんの才能に恵まれているのに、
どうして沈黙したままなのでしよう。

まだ66歳。
十分にやっていける年齢ですよ。
それとも、私の知らないところで大活躍していて、私だけが
知らないのでしょうか。
それならそれでうれしいけれど。

何年か前から流れている噂、クリスマスアルバムのリリースは?

せめて、カレンが亡くなってもなおカーペンターズサウンドを愛し続けて
いる日本のファンに会いに来て欲しいです。



2013/09/06 09:08 カーペンターズ TB(0) CM(8)
クリスマスが近づくとやっぱり聴きたくなるのは
カーペンターズのクリスマスソング。

どれもみんな好きだけれど、この曲は特に好きです。

メリー・クリスマス・ダーリン
作曲はフランク・プーラー、作詞はリチャード・カーペンター
です。
リチャードとカレンにとって特別な曲。
カレンは、とても美しくて親しみを持てる大好きな曲
言っています。



私たちは離れて暮らしているけれど、夢は見られる
クリスマス・イヴに願うことはひとつだけ
あなたと一緒にいられますように



いつもはカーペンターズの動画を載せないのですが、
この季節は特別です。
皆さんにぜひ聴いて欲しいです。






2012/12/19 09:00 カーペンターズ TB(0) CM(7)
テレビ東京の旅番組、「いい旅夢気分」が好きで、
よく観ています。

この番組では、カーペンターズの曲があちこちで
使われています。
スタッフのどなたかがカーペンターズを好きなの
かな?と勝手に想像しています(^^)

この間、何気なく観ていたら流れてきたオールディーズ。

急に、「NOW&THEN」を聴きたくなりました。

1-RIMG0635e.jpg






1-RIMG0636e.jpg

写真のように見えますが、これは長岡秀星さん
によるイラストレーションです。

あっ、有名な話ですよね(^^)


久しぶりに聴いて、あらためてカーペンターズは
アルバムで活きるアーティストなんだと思いました。

A面はNOW(今)、B面はTHEN(あの頃)という
見事な構成で、リチャードのプロデューサーとしての
手腕が感じられます。

A面、B面なんていい方は、LPを知っている人しか
わからないですね。



心に心地よい音楽。
それがカーペンターズサウンドです。

でも、その裏では、とてつもない緻密な計算と心配り
がされているんです。

それを感じさせないのが彼らのすごいところでも
あると思います。

ちなみに、私はA面のナンバーが大好きです。

シングから始まり、マスカレード、インストゥルメンタルの
ヘザー、ジャンバラヤ、アイ・キャント・メイク・ミュージック。

すべて名曲ぞろいです。

そしてB面は、懐かしさに満ち溢れ・・




2012/06/10 09:04 カーペンターズ TB(0) CM(8)
今日、2月4日はカレン・カーペンターの
命日です。

32才の若さで亡くなった天才ヴォーカリストです。

カレンが亡くなったと新聞で知ったあの時のことを
今でも鮮明に覚えています。

ファンクラブに入会していていたにもかかわらず、
カレンの病気のことをほとんど知らずにいたことを
情けなく思いました。

仕事も手につかず、涙にくれる日々でした。
これ以上の悲しみはおそらくないと思うほど。
カレンと同じ年のタレントをTVで見に付け、
この人はこんなに元気でいるのに、カレンだけが
なぜ?と恨めしく思いました。

ファンクラブからのお願いで、白い千羽鶴を何羽も
折って送りました。
カレンの祭壇に捧げてもらうために。

悔しくて、悲しくて。。

でもそんな辛いものいは、いつのまにか時がいやして
くれました。

今は、彼らの音楽を穏やかな気持ちで幸せな気持ちで
聴くことができ、それがうれしいです。

カレンはもうこの世にはいなくて、天国の人になって
いるけれど、カレンの歌は永遠です。
タイムレス・・リチャードがよく使うこの言葉。
時を越えて、カレンの歌は私たちの心にいつも語りかけて
くれます。

ありがとう、カレン。


あなたと同じ世代に生き、あなたの音楽と共に日々を過ごす
ことができたことを幸せに思っています。


いつもは、リチャードの意向で彼らの動画を紹介できませんが、
今日は特別です。

いいですよね。












2012/02/04 09:00 カーペンターズ TB(0) CM(4)
1クリック募金 
1クリックで募金ができます
クリックで救える命がある。
リンク
blogram
amazon
ブグログ
私の本棚です