~かわいいもの 大好きな本やカーペンターズのこと~
プロフィール

おたべ

Author:おたべ
お気楽主婦です。
大好きな雑貨、本、音楽のことなどを日々の雑感を織り交ぜて書いています。
カーペンターズ大好きです。
ブロクタイトルone more time は、カーペンターズの大好きなナンバーからいただきました。
おもしろトイデジカメラで、いろいろ撮っています。

もしよろしかったら、コメントなどを残してくださると本当にうれしいです。
にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

カメラさん♪ にもぜひ遊びに来てくださいね。
写真のみのブログです。
リンクコーナーからどうぞ。




キャラクターたちが、被災している子どもたちのために手をつなぎました。
ぜひクリックしてくださいね。

オレンジページ
FC2カウンター
今日、2月4日はカレン・カーペンターの
命日です。

32才の若さで亡くなった天才ヴォーカリストです。

カレンが亡くなったと新聞で知ったあの時のことを
今でも鮮明に覚えています。

ファンクラブに入会していていたにもかかわらず、
カレンの病気のことをほとんど知らずにいたことを
情けなく思いました。

仕事も手につかず、涙にくれる日々でした。
これ以上の悲しみはおそらくないと思うほど。
カレンと同じ年のタレントをTVで見に付け、
この人はこんなに元気でいるのに、カレンだけが
なぜ?と恨めしく思いました。

ファンクラブからのお願いで、白い千羽鶴を何羽も
折って送りました。
カレンの祭壇に捧げてもらうために。

悔しくて、悲しくて。。

でもそんな辛いものいは、いつのまにか時がいやして
くれました。

今は、彼らの音楽を穏やかな気持ちで幸せな気持ちで
聴くことができ、それがうれしいです。

カレンはもうこの世にはいなくて、天国の人になって
いるけれど、カレンの歌は永遠です。
タイムレス・・リチャードがよく使うこの言葉。
時を越えて、カレンの歌は私たちの心にいつも語りかけて
くれます。

ありがとう、カレン。


あなたと同じ世代に生き、あなたの音楽と共に日々を過ごす
ことができたことを幸せに思っています。


いつもは、リチャードの意向で彼らの動画を紹介できませんが、
今日は特別です。

いいですよね。












関連記事
2012/02/04 09:00 カーペンターズ TB(0) CM(4)
コメント
こんにちは^^
ファンクラブに入っていらしたんですか?
リアルタイムだったので、一層悲しかったでしょうね・・・。
今は穏やかで幸せな気持ちで聴くことができて、よかったですね。
本当にカレンの歌は永遠ですね。タイムレス・・・、時がないってことで、時を越えて、いつも彼女は語りかけてくれているんですね。
私が高1の時の文化祭で、ダンス部が「青春の輝き」にあわせて、アトラクションで踊っていたんですよー。
意訳も素晴らしかったです。
私もここで、カーペンターズの思い出を書いていました↓
http://letssingtogether.blog16.fc2.com/blog-entry-76.html
2012/02/05 16:42 saya URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
sayaさん


こんにちは。

そうなんです、ファンクラブに入って
いました。
入会したのは、パッセージがリリースされた
頃だったでしょうか。
出会ったのは、、中学生の頃なんですけれど。
カレンがなくなった後、リチャードが来日して
開いたコンサートは観に行きました。
涙が出て困りました。
リチャードの活動が聞こえてこないのが歯がゆいです。
まだまだ頑張って欲しいです。

sayaさんのカーペンターズの記事、拝見しました(^^)

カレンは拒食症で亡くなりましたが、本気で治そうと
入院して体重も増えて退院して突然の心臓麻痺でした。
やせ細って栄養失調で亡くなったと誤解している人が
多いのは残念です。

カレンはもういないけれど、音楽は永遠ですよね。
2012/02/06 14:41 おたべ URL [ 編集 ]
こんにちは。少し日を過ぎてしまいましたが、コメント入れさせて下さいね。
この曲、「青春の輝き」、CMにもドラマの主題歌にも使われて、
今の若い子も知ってますね。
私も、初めて聴いたときから、心奪われました。
当時、つたない英語力で(中学生でしたもん)、
必死で聞きとった部分の、きれいなメロディでありながら、
孤独な気持ちで一杯の歌詞に、深く共感していました。
午前4時だけど、全然眠れない、周りに友達もいない、・・・って。

今聴いてもよりいっそう、好きになるばかりです。
本当に素晴らしい音楽家でした。
(過去にしちゃいけないか・・・・・^^;)
時を超えて、まだまだ後の世代も、
彼らの歌を聴いてほしいなと思います!
2012/02/07 17:58 サ・エ・ラ URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
サ・エ・ラ さん

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

カーペンターズのことを語りだしたら
きりがありません。
私のカーペンターズとの出会いも
中学生の頃でした。
あの頃は、スーパースターがヒット
していて、給食の時間にもよく曲が
かかっていました。
それからしばらく私の中でブランクが
あり・・
パッセージが出た頃、彼らの音楽の
素晴らしさに気づき、それからずっと
ファンでいます。

青春の輝き・・本当に名作だと思います。
作詞家のジョン・ベティスは、カレンの
栄光とともにある孤独を思って作詞した
そうです。
この歌が日本での再ブレイクのきっかけに
なったことを嬉しく思います。


お暇なときに、ぜひカーペンターズの
カテゴリーから記事を読んでくださったら
うれしいです。

2012/02/08 13:10 おたべ URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dollbanana.blog114.fc2.com/tb.php/1244-641d6dba
1クリック募金 
1クリックで募金ができます
クリックで救える命がある。
リンク
blogram
amazon
ブグログ
私の本棚です