~かわいいもの 大好きな本やカーペンターズのこと~
プロフィール

おたべ

Author:おたべ
お気楽主婦です。
大好きな雑貨、本、音楽のことなどを日々の雑感を織り交ぜて書いています。
カーペンターズ大好きです。
ブロクタイトルone more time は、カーペンターズの大好きなナンバーからいただきました。
おもしろトイデジカメラで、いろいろ撮っています。

もしよろしかったら、コメントなどを残してくださると本当にうれしいです。
にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

カメラさん♪ にもぜひ遊びに来てくださいね。
写真のみのブログです。
リンクコーナーからどうぞ。




キャラクターたちが、被災している子どもたちのために手をつなぎました。
ぜひクリックしてくださいね。

オレンジページ
FC2カウンター
カーペンターズ「 Bless the Beasts and the Children」
動物と子供たちの詩です。

1971年に作られた映画「 Bless the Beasts and the Children」の
主題歌です。

この映画のサントラ盤の中で、Carpentersが歌っています。

アルバム「Song for You」の収められている佳曲である
この歌は、動物と子供たちに愛を・・と歌うカレンの
歌声とハーモニーが清々しく、穏やかな気持にさせてくれます。




関連記事
2014/03/26 09:22 カーペンターズ TB(0) CM(10)
コメント
久しぶりにカレンの歌声を聞きました。
いつ聞いても彼女の澄んだ歌声は魅力的ですね。
おたべさんありがとう。
2014/03/26 10:32 odori URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
odoriさん、こんにちは。

コメントをありがとうございます。

久しぶりにカーペンターズの動画を
お借りしてアップしました。
リチャードの活動がわからず、私も
いいかげんイライラが募ってきました。
リチャードは、どうも勝手にブログで
動画を紹介することを快く思っていないよう
なのですが、もういいです(*^_^*)
これからどんどんアップしちゃいます。
この曲、いいですよね。
動物と子供たちの幸せを思う愛が感じられて。
カレンの声ってほんとうに癒されますね。
2014/03/26 17:11 おたべ URL [ 編集 ]
おたべさん、こんばんは

動物と子供たちへの愛の歌...
素敵な曲ですねぇ。

聞いているだけでスーッとメロディーが入ってきますし、心が暖かくなります(*^^*)
2014/03/26 18:00 ニノうめ URL [ 編集 ]
こんばんは、おたべさん、

何時聴いてもカレンの歌声には癒されます。
琴線を打つ魅力的な声です。
もしは有りませんが、
今も健在でしたら~と思うと残念でなりません。
2014/03/26 18:49 としあき URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ニノうめさん、こんにちは。

聴いてくださってありがとうございます。
と言っても、動画はお借りしたものなので。。
この「動物と子供たちの詩」は、同タイトル
映画の主題歌なのですが、カーペンターズに
ぴったりの曲だと思います。
多重録音のハーモニーもとても美しく、カレンの
声は深く心に染み込みます。
これからも、カーペンターズの記事をたくさん
書いていきますね。
2014/03/27 15:16 おたべ URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
としあきさん、こんにちは。

聴いてくださってありがとうございます。

そうですよね~。カレンの深いアルトの
歌声は、心に深く染み込むようです。
ハープ・アルパートは、カレンの歌声は
まるで膝の上に座って聴かせてくれている
ようだと語っています。
こういう天性の声を持つアーティストは
この先なかなか現れないのではないかと
思います。
本当に。。今もカレンが生きていたらと
思うと残念でたまりませんね。
2014/03/27 15:24 おたべ URL [ 編集 ]
朝顔と一緒に見ました!いろんな動物が次から次へと出てきて朝顔も楽しんでみてましたし、私も「この動物なんていうんだっけ?」って問いかけられるので朝顔の言葉の勉強にもいいです。カレンの澄んだ声を聞きながら♪
それから、おたべさんが数日前にここで紹介してくださった「手をつなごう」も朝顔は大好きで、おたべさんのブログからクリックして何回も何回も繰り返し見ていています。いろんなキャラクターが出てくるのがいいですよね。私も槙原さんの声に癒されるし、ここにのせてくださってありがとうございます♪
2014/03/28 06:50 ひまわり URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ひまわりさん、こんにちは。

コメントをありがとうございます。

朝顔ちゃんと一緒に見てくれているなんて
嬉しいです(*^_^*)
この動画には、動物がたくさん出てきます
もんね。
カレンの歌声もひたすら優しく、美しい
です。
それから、手をつなごうの動画も見てくださって
いるんですね。
ブログ左に常時貼っているバナーをクリック
していただければ、別バージョンの動画も
見られますよ。
ぜひどうぞ。
ありがとうございます。

2014/03/28 09:57 おたべ URL [ 編集 ]
はじめまして
おたべさん、初めまして。
少し前の記事にコメントすいません。
うろうろしていたら、おたべさんのブログに行き当たって。

この曲とこの映画、子供時代の思い出がありまして、
映画が日本で公開された時に、中学の同級生3人で見に行き、
ラストシーンのクライマックスでこの曲が流れてくるところ、
感動して、少し涙を流してしまいました。
友人の悪がき2人に涙を見られてはいけないと、
エンドロールの時に一生懸命ぬぐっていたら、
暗闇の中、友人もぬぐっていたのを見て、ほっとした記憶があります。

私のブログ「Weekend In 心は L.A.」の9/17の記事にも
カーペンターズの話を書いてあります。
カーペンターズは、私の原体験のようなものなので。
それ以外にも、過去記事に、何曲か書いています。
もし、よろしければ遊びに来て下さい。

2014/10/04 17:30 AKI URL [ 編集 ]
Re: はじめまして
AKIさん、こんにちは。

ご訪問、そしてコメントをありがとう
ございます。

AKIさんにとって、動物と子供たちの詩は
大切で思い入れのある歌なのですね。
この映画を実際にご覧になったなんて
それも、同級生となんて羨ましいです。
1972年公開時、私も中学生でしたが、
この映画に気が付きませんでした。
中学生の頃からずっとカーペンターズの
ファンです。
途中ブランクもありましたが(^_^;)
彼らの音楽はとても親しみやすく、誰にでも
愛されますが、それは、とても繊細な
リチャードのアレンジと素晴らしいプロデュースに
裏付けされていることを、もっと皆さんに
知ってほしいと思っています。
AKIさんのブログにもぜひおじゃまさせてくださいね。
ありがとうございます。




2014/10/05 13:42 おたべ URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dollbanana.blog114.fc2.com/tb.php/2008-f9261fcd
1クリック募金 
1クリックで募金ができます
クリックで救える命がある。
リンク
blogram
amazon
ブグログ
私の本棚です