~かわいいもの 大好きな本やカーペンターズのこと~
プロフィール

おたべ

Author:おたべ
お気楽主婦です。
大好きな雑貨、本、音楽のことなどを日々の雑感を織り交ぜて書いています。
カーペンターズ大好きです。
ブロクタイトルone more time は、カーペンターズの大好きなナンバーからいただきました。
おもしろトイデジカメラで、いろいろ撮っています。

もしよろしかったら、コメントなどを残してくださると本当にうれしいです。
にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

カメラさん♪ にもぜひ遊びに来てくださいね。
写真のみのブログです。
リンクコーナーからどうぞ。




キャラクターたちが、被災している子どもたちのために手をつなぎました。
ぜひクリックしてくださいね。

オレンジページ
FC2カウンター
吉村和敏さんの写真集の新刊が
発売されました。

プリンスエドワードアイランド

フォトセレクトブックス





20歳の春、始めてプリンスエドワード島と
出会ってこの島の魅力に魅せられ数十回も
島に渡り撮り続けてきた吉村さん。

プリンスエドワード島の一番の魅力は
風景の美しさにあるとおっしゃいます。

絵本の世界のような風景にはなかなか
お目にかかれないと。

吉村さんの作品には、いつも風の音、
葉音、キラキラ光るさざなみの囁きを
感じます。

それはきっと、少年の心を持ち続けている
吉村さんだからこそ表現できるのだと思います。

テーブルコーヒーブックのサイズですので、
いつでも手元においてパラパラと、時には
じっくりと見ることが出来ます。

本の最後には、各作品についてのコメントも
あり、作品に対する愛情を感じ取れます。

巻末のアイランダーのたくさんの笑顔のショットが
微笑ましく素敵です。

一人でも多くの方にこの本を知ってほしいです。


関連記事
2014/04/20 09:26  TB(0) CM(4)
コメント
おたべさん、おはようございます

表紙のカバーが
また素敵な景色がいっぱいに広がっていて・・・
惹きつけられてしまいます(*´ω`*)

青い空に豊富な緑、
空気もとっても澄んでいそう!

プリンスエドワード島、アンの故郷にあたる場所なんですね。

こういった本は、眺めているだけで
心が洗われそうですね♪
2014/04/21 04:38 ニノうめ URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ニノうめさん、こんにちは。

この本の表紙、本当に美しくて
惚れ惚れしてしまいます。
吉村さんにとって、この島は特別な
存在だそうです。
この島のことを知り尽くしているから
こそのこの写真なのだと思います。
赤毛のアンのファンなら、1度は
訪れたい聖地ですね(*^_^*)
2014/04/22 12:56 おたべ URL [ 編集 ]
この方の写真集、以前にも何回か本屋さんで手に取ったことがあるのですが、今あらためてアマゾンで何冊か見て、図書館に借りに行こうと思いました。
・・・といいつつ、見たら誘惑に負けて買ってしまいそうなんですけど(笑)
イギリスやドイツあたりの田舎の美しさともまたちょっと違うんですよね〜、ここは。ほんとに童話や物語の世界、そのまんまな場所だと思います。
ああっ、行きたい〜〜〜!!! ≧д≦)


あと、行列のお話ですが。。。並びませんよ〜、見事に、私も!(笑)
気が短い方ではないと思うんですけど、時間がもったいない気がするんですよね。ぼ〜っと何もせず、その場所にいるというのが。
お腹がすいている時にはイライラしてガマン出来ないというのは一緒です(笑)
どんな行列でも私も30分が限界です^^:
2014/05/07 14:03 マナサビイ URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
マナサビイさん、こんにちは。

コメントをありがとうございます。

マナサビイさん、吉村さんの写真集を
わぁ~!何度も手にとったことがあるんですね♪
吉村さんのファンになったきっかけの本は
「ローレンシャンの秋」なんです。
燃えるような紅葉の景色を目にして、本当に
感動しました。
今発売されている「MOE」は、プリンスエドワード島と
アンの特集です。
吉村さんのインタビューも載っています。
本屋さんでぜひ手にとって見てくださいね。

行列。。マナサビイさんも苦手なんですね(*^_^*)
好きなもののためならといっても、30分以上は
イヤですねぇ。
ほんと、手持ち無沙汰で。。
並んでいる時間がもったいないというのも同じです。


2014/05/07 16:42 おたべ URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://dollbanana.blog114.fc2.com/tb.php/2013-12c6d21c
1クリック募金 
1クリックで募金ができます
クリックで救える命がある。
リンク
blogram
amazon
ブグログ
私の本棚です