~かわいいもの 大好きな本やカーペンターズのこと~
プロフィール

おたべ

Author:おたべ
お気楽主婦です。
大好きな雑貨、本、音楽のことなどを日々の雑感を織り交ぜて書いています。
カーペンターズ大好きです。
ブロクタイトルone more time は、カーペンターズの大好きなナンバーからいただきました。
おもしろトイデジカメラで、いろいろ撮っています。

もしよろしかったら、コメントなどを残してくださると本当にうれしいです。
にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ
にほんブログ村
blogram投票ボタン

カメラさん♪ にもぜひ遊びに来てくださいね。
写真のみのブログです。
リンクコーナーからどうぞ。




キャラクターたちが、被災している子どもたちのために手をつなぎました。
ぜひクリックしてくださいね。

オレンジページ
FC2カウンター

先日、初めて心臓のMRI検査を受けました。

検査着に着替えて、点滴の針を刺され。

「息止めが100回くらいありますから、頑張って
くださいね」と検査技師さんに言われて、「えっ100回!!」
ビビりました。

体をバンドで拘束され、耳にはヘッドホン、左手には
何かあったら押してくださいとブザー、右腕には点滴の針が。

MRIの機械の中に移動される私。

遠くで、ドーンとかドンドンとか音が聞こえます。
「息を吸って」  「吐いて」
「また息を吸って  息を止めてください」
数秒後に 「楽にしてください」

これが延々と・・・・・・・・

途中まで数えていたんですけれど、きりがないなこりゃ
って諦めました^^;

40分くらいたったかな、体がドーム?から移動されたので
終わった~と思ったら、「これから造影剤を入れますね」って。
そしてまた。。

かれこれ1時間くらいかかりました。

1週間後に結果を聞くため病院に行きました。

MRIの結果は、拡張型心筋症の疑いありとのことでした。

と言っても、MRIだけでは確定はできないとのこと。
高血圧をほっておくと、このくらい心臓が悪くなることが
あるそうで、しばらく心臓をゆっくり動かす薬などで
様子を見ましょうとのことでした。

確かに結構前から血圧が高かったんです。
心臓の状態が悪くなった原因が高血圧ならいいのですが。
薬が効いて心臓の機能が戻りますように。

2015/10/22 10:13 病気のこと TB(0) CM(6)

心臓のカテーテル治療で、血管を広げて
ステントを入れたため、血液サラサラの
薬を一生飲まなくてはならなくなりました(泣)
この薬は絶対に飲み続けなければいけなくて、
飲むのをやめるとステントに血液が固まって
しまって脳梗塞とかになりやすくなってしまう
んです。
そのため、静脈からの血液検査でもすぐに
内出血してしまうようになってしまいました。。
でも、逆に何も変らなければ薬が効いてないという
ことで。
さて、先日毎月通っている病院でいつものように
血液検査をされたとき、血液サラサラの薬を飲んで
いるという話を看護師さんに言いましたら、
「内出血して色が変らない方法を教えますね」と
その方法を教えてもらえました。

それは、血液を採取したあと貼った絆創膏の上から
人差し指の先を傷口に立てるようにピンポイントに
強く押したままにするということなんです。
30秒くらい、。

びっくり!
内出血しなくて針の跡さえわからないほど。
4日前に別の病院で血液検査をした右腕には
未だに内出血の赤いあざが残っているのに。

本当にいいことを教えていただいて、看護師さん
には感謝です。

ありがとうございます。
2015/10/02 09:00 病気のこと TB(0) CM(8)

体調不良のため、ブログの更新をお休み
させていただいていました。
ご心配をお掛けしてしまってすみません。

9月に始め、3泊4日で心臓カテーテル入院を
していました。
足のむくみがなかなか取れず悩んでいたのですが
行きつけの病院の先生に「足のむくみって心臓が
原因ということはあるのでしょうか」ときいたところ
「では次回に心電図とレントゲンを撮りましょう」という
ことになり。。
実際に検査したところ、心臓肥大があり、心電図も
問題あるとのことで、近くの総合病院に毎週来られて
いる循環器内科の先生に診てもらうように紹介状を書いて
いただきました。
次の週、その先生に診てもらいに行きました。
先生の話では、相当悪い心電図ですとのこと。
びっくりしました。
そして、この病院ではエコー、心電図、CTぐらいしか
検査できないので、設備がちゃんと整っている循環器に
強い病院を紹介され・・。
いろいろあって、2泊3日で心臓カテーテル入院をすることに
なりました。
結局3泊になってしまいましたが(-_-;)

カテーテル検査とは、局所麻酔をして右手首を切開し、動脈から
細い管を心臓に入れ、造影剤を入れて心臓がどんな状態なのか調べる
検査です。
局所麻酔なので、先生方の会話はバッチリ聞こえていました。
切開した手首が痛くて。麻酔がちゃんと効いていなかったのかも。
心臓は特に何も感じませんでした。不思議な感覚です。

調べたところ、心臓の血管が1本、90%以上狭窄しているので
続いて治療しちゃいますね。。との先生のお言葉。

バルーンで血管の狭窄している箇所を広げ、ステントという金属の
パーツを入れられました。

その後、8時間という長い間右手首はきつく圧迫されて、添え木で
固定されました。
2時間ごとに看護師さんが少しずつ圧を下げてくれるのですが
とにかく傷が痛くて痛くて。
圧迫痛と傷口の痛みと。
痛み止め薬を飲んで少し楽になりましたけれど。
左の手の甲には点滴の針、右手首は固定、胸には心電図のモニター、
酸素濃度が1時的に低くなったので鼻には酸素の管が(汗)
悲惨な状況でした。

心臓の血管は広げたので問題はなくなりましたが、こんなに
悪いということは他に心臓に問題があるはずとのとで、まだ
検査をする必要がありそうなんです。

しばらくというか、これからずっと病院通い。
薬は一生飲み続けなければならないことに。

でもでも。

足のむくみがなければ、そして心電図を撮って
もらわなければもっとひどいことになっていたと
思えば、ある意味よかったんだなと。

ポジティブにそう考えることにしました(^^)

ゆっくりですがブログを再開したいと思います。

気長にお付き合いくださいね♪

2015/09/20 22:45 病気のこと TB(0) CM(10)
1クリック募金 
1クリックで募金ができます
クリックで救える命がある。
リンク
blogram
amazon
ブグログ
私の本棚です